読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墨入りタクシーゆる~く営業中

とある地方都市のタクシードライバーの日々の雑感

JPN TAXI CONCEPTと、僕が夢見るタクシーの未来

今現在、タクシー専用車両として売られている車はトヨタのコンフォートしかない。まあ一般ユーザー向けにも販売されているんだけど、工場出荷時にLPG燃料で走ることを前提に売られているのはコンフォートだけだ。数年前に日産のクルーが生産中止になってからはずっとこの状況が続いている。Y31セドリックも一応新車で買えるんだったかな?でも今Y31なんて買うのはごく少数だと思うので。

このコンフォートという車、グレードによってはクラウンの冠がついているけど、ベースになったのは、X80系のマークII。コンフォートは'95年からの生産だけど、X80系マークIIのラインオフ は'88年なので、基本設計はもはや20年以上前の車なんです。

実際この車を運転した事がある人は業界の方以外は少ないと思うけど、まあ走らない曲がらない止まらない。初めて運転した時に「なんじゃこりゃ?」とびっくりしたのを今でもはっきり覚えている。'08年にマイナーチェンジでエンジンが1TR型になってからエンジンパワーだけはマトモになったけど、重心の高い車体は従来のままで且つエンジンの重量が重くなりバランスが崩れて、個人的にはかえって運転しにくくなった様に思う。流石にもうそろそろ限界なんじゃないの?と思ってた。何処かのメーカーで早く新型のタクシー専用車両出さないのかなって。

そんな僕の想いが通じた訳では当然ないだろうけど、去年のモーターショーにトヨタから遂に登場しました、JPN TAXI CONCEPT。新型のタクシー専用車両のコンセプトモデルです。少し前にNYのイエローキャブに採用された、日産のNV200程ではないけれど、背の高いハッチバック式のボディに機関はLPGとモーターのハイブリッド。お客さんが乗り降りする左リアのドアはスライド式、開口部も広く、サイドシルも低い。正にタクシー用に使う事に特化した造りで、初めて見た時は心の中でおお〜と歓声を上げたものだった。待ってたんだよねこういう車両。

高い屋根もLPGハイブリッドの機関もいいけど、一番使いやすそうだなって思ったのは左リアのドア。ご存知の通り、日本のタクシーのドアは乗務員が開閉するけど、実はあれってお客さんへのサービスの為の自動ドアじゃないんですよ、事故を防ぐ為にお客さんは勝手に開閉しないでくれ、開閉は乗務員に任せてくれ、って意味合いで付いているモノなんです。日本の道交法では、停車している車のドアが後続の車や自転車、バイクに接触した場合、10:0の割合で事故はドアを開けた車の責任になる。タクシーの場合ドライバーがその責を負う。そういう事態を防ぐ為のモノなんですな。これタクシー豆知識。ちなみにこういう形でタクシーに自動ドアが付いているのは日本だけ、らしい。

事故の事もだけど、左右開きのドアって狭い場所なんかでは使い勝手悪いしね、これはなかなかいいアイディアだな、と思いました。

まあそういう車体の造りの事もだけど、僕が一番気に入ったのは、車両のコンセプトそのもの。実用に徹したハッチバック式のボディ。全然フォーマルでは無いけれどそこが凄くいい。僕は常々思っていたんです、セダン型のボディでショーファードリブン気取り、もうやめようよ、って。そういう僕のタクシー哲学?にばっちりハマる車体だ。

昔はタクシーってのはそういうものだったかも知れない。安くないお金払って、ショーファー(お抱え運転手)を雇う。大昔はね、そういう乗り物だったんだろう。でも、今はそうじゃないじゃない?大方のお客さんにとっては単なる移動手段。もう何十年も前からね。それなのに、大昔の様式だけがガラパゴス化しちゃって今に至ってる。今でもいるけど、白い手袋はめてるタクシー運転手なんかはその名残なんだと思う。僕は絶対にはめないけどね。

これは、きっとなかなか賛同が得られない考えだろう、現役の運転手の先輩方からもそれは違う、とか言われるかも知れない。きっと言われるだろう。でも、これは僕の中では確信ですね。もうそういうの古い。もっと合理的に考えよう。というのが僕の考えです。

もっとキツい言い方をすれば、役者じゃないんですよ、ドライバーもお客さんも。運転手だってお抱え運転手を演じる程の技量もなければ、お客さんだってお抱え運転手を雇うような身分じゃないでしょ?ものすごく失礼な言い方だけど。いや、都会はどうだか分からないけど、僕が営業している田舎町は確実にそう。そりゃ中にはフォーマルなお客さんもいるけど、20人に一人もいないんじゃないかなあ?いや、そんなモンじゃない、ショーファーのクオリティをドライバーに求めてくるお客さんなんて月に一人居ればいい方だ。

本物のショーファー、お抱え運転手って、かなり特殊な職業だと思うんですよ、本来。それなりの訓練を受けた人がそれなりの賃金を貰ってやる仕事なんだと思う。運転の技量もそうだし、車内という密室の中では言葉遣いや身だしなみにも要求されるハードルは本来かなり高いものの筈だ。だから、さらに言葉汚く言い換えれば、ドライバーの立場から言えばこんな待遇でそんなクオリティの仕事やってらんない、というのが本音です。でも現状ではすべてのタクシーが暗にそういうガラパゴス化しているなんちゃってショーファー的な様式にハマる事を要求されてる。

話が盛大にズレました。しかもどんどん大袈裟且つ極端になりました。でも、この辺の先入観が、前回のエントリで書いたようなタクシーあるあるネタの根深い原因のように思えてならないんですよね。自分でも極論だと思いながら書いてるけど、正しい自動車文化の歴史なんかを紐解きつつ考えれば決して暴論ではないと思う。

ガラパゴスの殻を破るのは本当に大変な事だと思う。まして今回のエントリに書いたような事は全くのジャパンローカルの問題だ。本来はタクシー会社が主導して変わっていくのが本当なんだろうけど、僕が知る限り業界は僕が考えるタクシーの在り方とは反対の方向に向かっている気すらする。白手袋もそうだし、迎車の時に、例え吹雪の中でも直立不動でお客さんが出て来るのを車外で待ってたり、手を挙げて停めてくれたお客さんを乗せるのにドライバーが運転席から飛び出て行って外からドア開けたり…もう考えが合わない人には充分に嫌われただろうからダメ押しするけど、僕にはアホにしか見えないのね、そういうの。もうやめようよ、って思う、心底。

で、僕はこのJPN TAXI CONCEPTの、ほんのりカジュアルな佇まいに、頑丈なガラパゴスの殻を破る糸口みたいなものを見出せる。これを機に住み分けちゃえばいいんだ、なんて夢想したりする。タクシーを単なる移動手段にする人はこっちに、ショーファーのクオリティを求める人はクラウン等大型に、って。もしそうなれば、首都圏のタクシー会社ではドライバーの間で黒塗り大型車の取り合いになるのかな?でもそれならそれでもいいよね、大型に乗りたい人は努力してそれなりの技量を身に付ければいいんだから。晴れて大型に乗れればそれはその人のプライドになるんだろうし、そういうのダルいからオレは小型でいいッス、って人も絶対にいるだろうから。僕は間違いなく後者。自分、そういうのダルいんで。

大丈夫、今の世の中の流れや日本人の気質からいって、小型は昔みたいな雲助ドライバーだらけ、なんて事にはならないから。我ながら結構いい考えだと思うんだけどなあ。どうなんでしょ??

 

 

追記:この辺読んでもらえると、クルマにあまり興味のない人でも今回のエントリの趣旨分かりやすいかもです。

 

 

追々記:このページもすごく面白かった。やっぱり日本のタクシーの在り方はガラパゴス。もうやめましょうよ。